カフェ・雑記・時々外国語

このブログのキーワード:外国語、大企業、働き方、人生、カフェ、喫茶店、読書

この場ぐらい、本音で語らせてくれ。

思想が欲しい

 

今、この歳になって

 

「思想」が欲しいと切に思う。

 

何が真なのか分からないこの世の中を生きていくために。

 

日本に蔓延している、くだらないイデオロギーに惑わされない為に。

 

 

 

私自身が今まで信じて疑わなかった「努力」、「根性」の世界は、今、音を立てて崩壊しつつある。

 

 

今こそ、古今東西に普遍の「思想」を手にして、己が脚で自立した日本人になりたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしようもなく虚無主義 

 

虚無主義(ニヒリズム)

 

ニヒリズムあるいは虚無主義(きょむしゅぎ、NihilismNihilismus)とは、この世界、特に過去および現在における人間存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。 

                              ―wikipedia

 

あたかも私が常日頃考えていることを、これ程までに的確に表した言葉もあるまい。

人間の存在には、本質的な価値などないのである。人間の行いの一切は空虚であり、人の人生など、砂浜に小枝で書いた絵のようなものだ。

 

学生時代までは、常に上へ上へと伸び行くことを強いられていた。

成績を向上させること、昨日まで出来なかったことを、明日は出来るようにすること。

根底に流れる進歩主義的思想に、どうして誰も疑問を持たない。

 

進歩主義

 

進歩主義(しんぽしゅぎ)とは、現在の社会的矛盾、不合理を次第に改善し、新しく、より優れたものを追及する思想である[1]

                              ―wikipedia

 

私は大いに疑問を持つ。既に満ち足りているはずなのに、自分に負荷をかけ、もっともっと、限界まで目指させるこのイデオロギー

 

 

Windows10にアップデートしたら、もう人々はWindows7には戻れない。

 

嗚呼、もう日本中の皆が寝入ってしまえばいい。

アメリカりも韓国にも、「ちょっと一休み」宣言してしまえ。

真面目すぎなんだ、きっと。