この場ぐらい、本音で語らせてくれ。

価値を生産し、提供するA層、与えられたものを消費するB層 イケハヤ氏の甘言に安易に乗るな

 

プロブロガーであるイケハヤ氏は、まだ東京で消耗してるの?という挑発的なタイトルで、田舎生活の素晴らしさを世に訴えている。「なんでこんなにも自由になれるのに、みんな前近代的なサラリーマンなんかに拘っているのかなー」と言わんばかりに。

 

今となっては、知らない人はいないPPAP。

 


PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)

 

彗星のごとく世に現れ、正直なにが面白いかよく分からない歌とダンスが世界的に大ヒットしている。

 

 

私は、今の時代人のタイプを3種類に分ける事が出来る、と考える。

その3つとは、

 

(1)価値を生産、提供し、利益を生むA層

 

(2)提供されたものを消費するだけのB層

 

(3)A層とB層、両方に属しているC層

 

大まかにこの3つの層に分けられる。これを図にすると、以下の様になる。

 

f:id:zayyaaung:20161226121517p:plain

 

 

 

 

比率としては、A層が圧倒的に少なく、B層が多い。A層が今の時代ネット上に蔓延っており、主にB層というターゲットに向けて、ブログを書いたりyoutube動画を作って、そこから利益を得ているのである。

 

 

A層の人々は、B層がただスマホで画面をタップし、毎日毎日「面白い記事はないかなー」「面白いyoutube動画ないかなー」と夜な夜な探し回っていることを知っている。

炎上したところで、B層の人々はネット上で些細な批判をするだけで、変わらず自身のブログを閲覧し続けてくれることを知っている。

 

そうやってA層は、与えられたものにしか反応しないB層が何を求めているのかを考え、生産し、提供する。結果として、大小の違いこそあるが、利益を手にしているのである。

 

注意してほしいのは、「自営業=A層」、「サラリーマン=B層」とは単純にならないことだ。

自営業の人だって、自己不安定な職業身分を肯定して欲しいが為に毎日何時間もネットサーフィンをしたりする人もいるだろうし、

 

サラリーマンだって、会社に属していながらもブログなり休日を使っての社会貢献活動で、十分A層と同じことをしている人だっている。

 

この構図を知って入れば、イケハヤ氏が一体どの層に向けて煽り続けているかが分かるはずだ。彼の提案する「はやく高知においで!」っていうのに、盲目的に従ってはいけない。

 

僕はね、サラリーマンが奴隷だとは少しも思わない。ちゃんとお勤めして毎日頑張っている人だって、社会的には目立たないかもしれないが十分価値のある存在だ。

 

理想としては、サラリーマンだとしても、C層になることだ。与えられたものを消費するばかりではなく、何かを世に向けて発信する癖をつけたほうが良い。

 

釣りが好きな人は釣りに関してでも良いし、政府の財政政策に興味がある人はそれでいい。B層として黙ったままでいたら、A層がふんぞり返ってとんでも話を投げつけてくる。

 

この社会に生きる誰もが、不当に、盲目的に、搾取されないために。