ニッチな居場所を求めて

効率化を推し進めた世界には息の詰まる思いがする。僕には、僕だけの安息できる居場所が必要だ。きっと、君にも必要だ。

この場ぐらい、本音で語らせてくれ。

 

昨日で全ての新入社員研修が終了し、

本日より本配属となる。

 

緊張もしているが、同時に武者震いがしている。

 

昔から、あらゆることで褒められることの方が多かった自分。

 

○○君、頭良いね

 

足速いね

 

カッコいいね

 

上手だね

 

凄いね

 

サスガダネ……。

 

 

客観的に見て、僕は、学校で求められた要求は、ある程度の完成度を以て応えられてきたと思う。なんでも卒なくこなせる、優等生タイプだった。

 

でも、本当の自分を見つめ直すと、決してそんなことはない。それは、自分が一番分かっている。

 

本当の自分は、

 

いつも他人の顔色を伺っていて、

 

他人に嫌われることを何よりも恐れていて、

 

手先が非常に不器用で、

 

精神的に脆いところがあって。

 

 

そんな自分が、果たしてどの程度会社組織という社会で通用するのか。

これは、自分のことながら、前から興味があった。

 

 

きっと会社には、意地悪な人がいるぞ?

 

嫌な人とも、毎日顔を合わせないといけないぞ?

 

やれるか?自分。本当にやれるのか?

 

 

こんな問いを自分に投げつける。

「僕」は正直戸惑う。

 

人が生きる意味まで遡って考えると、仕事「なんて」、そのほんのごく一部に過ぎない。そういうスタンスだから、仕事に対して斜めに構えていると思われても、否定する事は出来ない。

 

 

しかし、同時に「僕」は知っている。

 

主体的に生きる事こそが、自分の生を最も輝かせる方法であることを。

 

新入生らしく、会社を破壊するつもりで、挑んできます。