読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
この場ぐらい、本音で語らせてくれ。

ミャンマー人もパンツ履いてたんだね

 

大学の授業で、「ミャンマー人はパンツ履かないんだよ。ミャンマーって凄く暑いから、パンツなんか履いてたら蒸れちゃってやってらんないよ!」と教わり、ふむふむ、ミャンマーではみんなノーパンで生活しているのね、と思っていた。

 

それ以来、僕の頭には「ノーパン文化・ミャンマー」という石田純一も真っ青の考えを胸に温めていた。

 

僕はミャンマーで10ヵ月間、日本語を教えるアシスタントをしていた。現地では毎日、伝統衣装であるロンジーを腰にまとい、教壇に上がっていた。

 

f:id:zayyaaung:20161130222626p:plain

↑こんなの

 

当然、ノーパンである。股がスースーして、開放感があり、これは良いと一人気に入っていた。実際、気温が50度近くになるミャンマーで、このスタイルは本当に楽だ。

 

 

ある日、女性の先生と談笑していて、そのロンジーの話になった。

 

僕「いやぁ、それにしても、授業中にロンジーがずり落ちちゃったらとか考えると、ちょっと怖くなっちゃいますよねぇ(笑)」

 

先生「そうねぇ。まあでも、パンツ履いてるから一応大丈夫でしょ。」

 

僕「パンツ履いてない僕たちは、本当にヤバいですよねえ(笑)」

 

先生「……??? パンツはみんな履いてるじゃないの。当たり前でしょ?」

 

僕「……えっ??」

 

先生「えっ????」

 

 

 

てな事が置きまして、その日twitterで拡散されんばかりのスピードで、僕がノーパンな事を他の先生方にも暴露され、笑いものにされていまいました。

 

なんでも、最近はみんなパンツ履いてるんだそうな。誰だミャンマー人は履いてないとか言ったヤツ…orz

 

 

それでも、ノーパンの快適さが忘れられず、その後も履かないで頑張ってましたよ。

いやぁ、郷に従えどころか、その郷を飛び越えていっちゃった経験でした。